メインイメージ

社会保険への加入

合同会社設立と社会保険への加入について

合同会社設立と社会保険への加入について、この加入は期間が決まっているため、迅速な行動と申請が必要になります。法務局の登記完了後からいつまでにしないといけないか明記されていますので、注意が必要です。

ここでいう社会保険加入とは、厚生年金への加入と社会保険への加入ですが、社会保険というのは健康保険への加入ということです。日本では国民皆保険制度をとっていますので、この社保にしろ市町村が運営している国民健康保険いわゆる国保にしろ、どこかに必ず加入する必要があります。

こうした厚生年金などへの加入手続きが可能な時期というのは、合同会社設立から何日以内といった具合に、期限が定められていますので、事前に準備を進めていないとすぐの申請が難しい場合も想定されます。

ここでいう合同会社設立というのは法務局で合同会社設立の登記が完了した日を指して言いますので、法務局での法人登記が完了したら速やかに申請ができるように準備を進める必要があります。

もしこうした手続きがなかなか難しいという場合には、社会保険労務士や申請だけであれば行政書士などに依頼して、協力を仰ぐこともできます。ただし、彼らも無料奉仕はできませんから依頼料はいくらか必要にはなります。

合同会社設立後に何をしなければならないのかは、一覧表のような形でまとめておくのも一つの方法です。

こうしておくことで何がまだできていないのか、またこれから何をしないといけないのかを把握することができます。

また、先述のように社労士や行政書士に依頼した場合には、彼らにどういった書類を渡すのかなどもしっかりとメモに残しておいて、後日の無用なトラブルを避けることも重要です。渡した、渡していないなどの水掛け論は信用をお互いに損ねますし、またそのことが原因で本来委託していた業務に影響が出るおそれもあります。

合同会社設立は、かつての有限会社の新設が認められなくなったためにその代わりとして認められるようになったものですから、できるだけ、その特性を熟知した上で申請を行う必要があります。

株式会社のように株主や一部の幹部職員などが意思決定をするだけで前に話が進むわけではないということをよく知っておく必要があります。社員全体で意思決定をするというのがこの合同会社の特徴ですから、従業員、社員が一人だけであればもんだはさほどありません。しかしながら従業員がいる場合には、みんなで話し合ってその結果としての行動ということになることをよく知っておく必要があります。