メインイメージ

合同会社設立をするため

合同会社設立をするためにかかる時間

合同会社設立をするというと、非常に長い時間がかかると思ってしまう人も多いでしょう。しかし、実は非常に簡単な手続きだけで設立することはできます。最低限必要な手続きがどのようなものなのかを把握しておけば、どれくらいの時間がかかるのかはそれぞれのケースですぐに分かります。

合同会社設立の流れは、まず定款を作成し、そして資本金の払い込みを行って、登記申請をすることです。この3つが基本です。定款にはテンプレートなどもありますから、それらを活用すればすぐに作成することができます。

また、資本金の払い込みは、通常は振り込みを用いますから、時間がかかったとしても金融機関の2営業日いないには完了するでしょう。登記申請については、作成した書類を法務局に提出をするだけですから、これもすぐに終わります。

ですから、合同会社設立の手続きをするためには、頑張れば1日で済ませることもできます。

普通の人で苦労したとしても1週間あれば問題はないでしょう。しかし、問題となるのは会社組織をどのようにするのかです。定款に記載しなければならないことはいろいろありますが、それらを適当に考えるわけにはいきません。

例えば、会社名は何でも良いと考える人もいるでしょうが、これにはこだわったほうが良い場合も多いです。会社のイメージにも関連する事ですから、何をやっている会社か分からないような名前をつけるべきではありませんし、怪しまれるような名前をつけるべきでもありません。

他にも、事業目的についてもきちんと考えなければなりません。定款は会社の基本ルールを定めたもので、定款の事業目的に沿わない事業を行うことはできません。ですから、将来的に参入する予定のある事業があるのなら記載しておかなければなりません。

合同会社設立をするときには資本金も必要ですが、その金額をどれくらいにするのかも考えなければなりません。出資者は何人にするのかも考えなければなりません。

このように、合同会社設立をするためには色々なことを決定しなければなりません。これらを決定するために時間をかけるべきなのです。逆に言えば、会社全体の構想をきちんと考えていれば、手続きをするのは非常に簡単です。

定款を作成するにしても、高層通りに記載していけばよいだけのことです。手続き自体は非常に簡単なものですから、どのような会社にしたいのかをきちんと考えてイメージを固めるところに時間を費やしましょう。