メインイメージ

効率的に開業使用

合同会社設立の流れを踏まえて効率的に開業使用

起業する方が増えています。しかし、一口で会社設立と言っても、方法は複数ありますので、方法によるメリットや目的によってマッチした方法を選ばないと損をしてしまします。

そんな世の中の流れで、注目され多くなっているのが合同会社設立です。

ここ数年は、この合同会社設立件数は上昇傾向にあり、日本での認知度もアップしてきています。

どんなメリットがあるかと言うと、なんといっても会社の立ち上げに関する費用を抑えることができます。株式会社や有限会社に比べると、合同会社設立するのに初期費用やランニングコストも、かなり少なくて済みます。ですから、資金集めに時間を割いてしまうこともなく、フットワーク軽く事業を開始することができます。

しかし、資金調達の面でも動きやすい一面もあります。社債を発行もできますし、金融機関からの融資を受ける際も、企業として審査を受けることができます。さらに、税金も株式会社とまったく同じですので、節税にもなります。

このようなメリットがあるので、まずは融通の利く、動きのとりやすい合同会社設立に注目が集まっているのです。

もう1つのメリットとしては、設立の流れも手間が省けて、短期間で会社をスタートできる点もあります。まずは設立に関して決めておかなくてはならない項目があります。それを決めておきます。

具体的には会社名、本店所在地、事業年度、印鑑登録に使う印鑑の選定などは登録する時に必要です。この他社員構成として、代表権を持つ者、執行者などを明らかにします。また、事業資金をいくらにするか決め、その金額を用意する必要があります。

設立を登録するためにかかる手数料は合同会社設立では10万2000円ですので、その分も合わせて用意しておきます。

また、印鑑登録をして、証明書を発行してもらいます。この準備が整ったら、定款作成します。

株式会社とは異なり、必要項目も少なく、あっという間に作成できます。次の登記書類の作成です。

こちらもシンプルでどこに何を書くのか、専門知識がなくてもわかりやすい物ばかりです。ここまでで作成した書類と、印鑑登録証明書、必要経費をもって法務局での申請です。法務局へ申請した日が合同会社設立日となります。

ここまでで会社の設立はできますが、実際に運営していくためには税金の関係で税務局への申請も必要です。今度は税務署に開業の申請をします。ここまで行うと、合同会社設立が完了します。このように流れもシンプルで、設立に専念すれば3~4日で処理できます。